継手について

継手というのは、その字の通り、継ぐ手ということで離れている二つの何かしらの管を?ぎ合わせる役割をする物です。

継手の情報を集めました

継手について

継手というのは、その字の通り、継ぐ手ということで離れている二つの何かしらの管を?ぎ合わせる役割をする物です。

一般的にはパイプの様な物をつなぎ合わせる為に使用されていて、管の継手だけではなく、その他木工の継手などもあり、その種類は様々あります。

木工の継手というのは、継手によって木材をつなぎ合わせることで、主に同じ方向に向いている木材をあわせるために使用します。

90度の角度で?ぐ継手のことは仕口といいます。

木工の継手を使用することで、ねじやくぎを使わなくても建物が建てられてしまうという重要な役割も持ちます。

管の継手というのは、配管をする時に主に必要となるもので、素材の種類としては鋼管、鋳鉄管、合成樹脂管などがあります。

これらの管の継手は、二つの離れた管を?ぐことができ、それらの管は管径が異なっていてもつなぐことができます。

また方向を変えるために使用する場合もあります。

よって、管の継手というのはT字形・やY字形、十字形、 L字形などがあります。

管の継手があることで、狭い箇所や複雑な箇所であっても、様々な場所に配管ができるということです。

管の継手というのは、その管を通す内容物やその用途によって、どんな素材の継手を使用するかなどが決められます。

どの継手にするのがベストであるかということがわからない場合は、必ずインターネットなどで情報を集めて確認することです。


最近では継手の選び方などを詳しく掲載しているサイトなどもあるので参考にしてみましょう。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加